2014年05月24日

11 抗がん剤投与後初下り〜5年ぶりの鳩ノ巣渓谷〜(多摩川2)

水位:-2.54m(調布橋) 気温:23℃(青梅) 天気:快晴
区間:白丸ダム〜せせらぎの里美術館 メンバー:ソロ

 ドキソルビシンを投与してから初めての川下りです。抗がん剤治療中に水遊びやってるわんこって聞いたことがないので若干不安ではありますが…。とはいえもはや諦めるなんてできませんので。

 行き先は鳩ノ巣渓谷。ちょっと距離長めなので電車回送。

140524hatonos 2014-05-24 10-45-09.jpg

 御嶽→鳩ノ巣間を乗りました。5年の歳月のうちに、パスモ使えるようになってたのが驚きました。が、本数が少ないのはあいかわらずで、回送に1時間近く要してしまいました。「ホリデー快速」って鳩ノ巣駅止まらないのね…。ラナさんお待たせです。

140524hatonos 2014-05-24 10-50-47.jpg

 狙いどおり、放水してますね。よかったよかった。

140524hatonos 2014-05-24 10-59-39.jpg

 新緑の渓谷はやはり最高に気持ちがいい。

140524hatonos 2014-05-24 11-08-11.jpg

140524hatonos 2014-05-24 11-23-21.jpg

140524hatonos 2014-05-24 11-31-46.jpg

140524hatonos 2014-05-24 11-35-32.jpg

140524hatonos 2014-05-24 11-36-47.jpg

 渓谷美をじっくり堪能しながら下りましたが、雲仙橋から下流はこんなにメリハリなかったっけ? というくらい変化に乏しかった。川井の堰堤はあいかわらず楽しかったのですが、若干のドラマが…。

140524hatonos 2014-05-24 12-14-31.jpg

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

10 脾臓摘出後、初めてのカヌー(多摩川1)

水位:-2.50m(調布橋) 気温:17℃(青梅) 天気:曇り
区間:御嶽苑地(放水口)〜喜久松苑 メンバー:ソロ



 抗がん剤投与が延期され、幸か不幸か予定が空いてしまいました。ラナの体調的には、充分に気を付けてさえいれば、川に連れて行ってもいいんじゃないかと判断し、昨年7月以来の御嶽へ。近所でそこそこきれいで、ラナの様子を見ながらいつでも中断可能な場所となるとやはり御嶽が一番ではないかと。

 4月6日に静岡の太田川を下って以来、約1ヶ月ぶりのカヌーです。12日にぶっ倒れた時には、もう一緒に川下りできないんやと涙に暮れていましたが、多くの人に助けられ、励まされ、今こうしてこの場にいることの有難みを改めて噛み締めています。

 御嶽苑地(放水口付近)の駐車場は有料化されておりました。カヌーのセットアップに20分ほど要した後、寒山寺駐車場に移動しましたが、料金不要でした。何分までならタダなんでしょうね?

2014-05-05 7-08-14.jpg

 寒山寺から御嶽苑地までの約2kmはジョギングにて回送。ラナは貧血が解消されておらず、過度な運動はさせられませんからお留守番です。…心なしか、怒ってません?

2014-05-05 7-44-35.jpg

 川原に下りると、一気に表情が変わりました。やっぱり大好きなんやなー。

2014-05-05 8-18-20.jpg

 前回下ったときは桜が満開で春本番!って感じでしたが、闘病の最中に季節は移ろい、新緑の季節となっていました。個人的には、四季のうちこの新緑の時期の景色が一番好きです。

2014-05-05 8-24-44.jpg

 一ヶ月ぶりのカヌーはやっぱりどこかぎこちない。ラナもそれは同じだったようで、逆リーンかましたり、踏ん張りがきかなかったり。でも、背中にラナがいることの安心感はあいかわらず。背中の存在が、この上なく嬉しい。

2014-05-05 8-38-18.jpg

 楓橋(寒山寺)で上陸するつもりでしたが、ゆっくり下っても30分程度で着いてしまったので、あまりに物足りない。ラナも大丈夫そうなので、区間を延長することにしました。

2014-05-05 8-57-23.jpg

 漕ぎ始め8時25分ごろ、漕ぎ終わり9時35分ごろ。喜久松苑前で上陸しました。ラナにはまたお留守番してもらい、ジョギングで寒山寺までクルマを取りに行く。

2014-05-05 9-38-04.jpg

 泳がせず、回送させず、基本的にはフネに乗りっぱなしで極力身体に負担をかけないように気を付けました。今までのパターンからいうと、翌日にダメージが出るケースが多いので、明日の体調に要注意。

 それにしてもラナ、いい顔してました。これでノーダメージなら、今後できるだけ川に連れて行ってやりたいと思っています。

 しかしながら、抗がん剤治療を始めると、「骨髄抑制」という副作用で白血球が減少するという症状が出ます。白血球が減少すると、感染症が発症しやすくなり、ひどい場合「敗血症」を起こしたりします。ふつうに考えたら、雑菌の多い川で遊ぶのはNGではないかと。ただ、QOL(Quality of Life)の維持においては、我々にとっては「川遊び」が必須です。何とか、抗がん剤投与中も川遊びが継続したいです。今日が最後、というのではあまりに悲しい。


ニックネーム ラナ父 at 21:58| Comment(8) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする