2014年09月17日

【後日譚】百か日

 本日でラナの百か日を迎えました。

 しばらく何もやる気になれず、2ヶ月ほど休眠していましたが、8月以降は実はほぼ毎週末漕いでます。まあ、そのほとんどがファミリーカヤックなんですが。

 そこでいくつか気が付きました。

 私、やっぱり川が好きですわ。そして、初めて下る川に出会った時のドキドキ感。この気持ちは変わってませんでした。ホワイトウォーターを漕いで、瞬間的に気持ちが昂ぶることもありました。

 でも、どこか虚しさが残ってしまっていて、心から笑えない。喪失感が埋まることもない。

 百か日とは、「卒哭忌」とも呼ばれるそうです。すなわち、悲しむのを終える日という意味合いですね。
 たしかに時間薬という言葉もあります。とはいえ、たったの100日で終われるわけないやろという気持ちが強い。むしろこの先もずっと、胸に空いた穴は埋まらない気がします。でも最近は、それでもいいかなと思うようになってきました。無理に穴を埋めようと考えず、受け入れていこうかなと。まだ若干アルコールに依存気味ですが、なんとかなるでしょう、きっと。


 ところで、(以前higさんにいただいたコメントにあった)コンラート・ローレンツ 小原秀雄訳,2009;「人イヌにあう」早川書房 を読みました。
 ※原作は1955年出版とかなり古い本です。

 最終節の9ページ「忠節と死」は、たぶんラナが生きてる時は、さらっと流し読みして終わってたでしょうね。失ってはじめて迫りくるものがあります。何度か読み返しました。

 喜びの代償には、必ず悲しみがある。
 犬の死は、多くの苦しみをもたらすが、犬の場合は代わりがいる。
 犬も個性豊かではあるが「その魂の深みにおいて、人間との特別のつながりを支える深い本能的感情において、イヌはおたがいに非常によく似ている」。
 寿命という制約上、人は「一匹のイヌにたいして忠実でいることはできない。しかし、その品種にたいして誠実でいることはできる」。
 表情やしぐさなど性格の特性は、人間に比べて子孫にはっきりと受け継がれる。

 ラナには残念ながら子どもがいなかったけど、生粋のゴールデンレトリーバーでした。ゴールデンの中に、いつかどこかでラナの片鱗を見ることができたらいいなと思っています。


ニックネーム ラナ父 at 21:55| Comment(6) | 悲哀の仕事編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
司馬遼太郎の小説「花神」で、主人公の「大村益次郎」が最後の講義で「戦略(ストラテギー)と戦術(タクチーキ)を理解しない者は、ついには国を過つ」と言っています。

戦略は大局的な視点であり、戦術は戦略の下位に属する局地的な視点です。
ここでは「戦略」を「目的」、「戦術」を「手段」に置き換えます。


直接ラナ父さんと確認したことはありませんが、ラナ父さんの人生の「目的」が世の大多数の人たちと同じように、自分自身や家族の「幸せ」だとするならば、表現として適切ではありませんが、敢えて申し上げれば、「わんこ」も「カヌー」もその「手段」ですよね。

覚悟が出来ていたとはいえ、心から愛すべる存在を突然失ってしまった悲しみや苦しみが、「○○日経過したから、ハイ終了〜!」とは絶対になるはずもありません。
しかし「目的」と「手段」が途中で入れ替わってしまったとするならば、国や人生を過つまで行かないまでも、ご自身本来の「目的」や「守るべき存在」にも影響を及ぼしかねません。

どこに書いてあったか忘れてしまいましたが、飼い主さんが悲しみに暮れ続ける間ずっと、虹の橋のわんこの体には冷たい雨が降り続くのだそうです。

一日も早く、心の底からカヌーを楽しまれる時間が訪れますように。





Posted by おおさわ at 2014年09月19日 08:19
何時になるかは、何時でもいいや。ラナと過ごした日々が、サイコーだったと。幸せだったと。楽しかったと。ありがとうと。
納得いく日が、川生活を続けていく中できっと来るとオレは確信しております。
ラナ、オレからもありがとう。
Posted by NMT at 2014年09月21日 23:26
おおさわさん、おはようございます。
いつもありがとうございます。
まあこのへんは理屈ではいかんともしがたいですね。
100日では足りなかったんですが、
いつかは心底楽しめる時間が戻ってくるかと思います。

とりあえず、漕ぐペースはほぼ以前の状態に戻ってきました。
寂しさを感じることもありますが、気持ちのバランスを保つにはやっぱり川で漕ぐのが一番かと思っています。
Posted by ラナ父 at 2014年09月24日 06:00
NMTさん
ありがとうございます。

とりあえず川生活は続けていこうと思っています。
東北にもお邪魔するかもですが、
その時はまた一緒に漕いでくださいね。
Posted by ラナ父 at 2014年09月24日 06:30
ずっと気になっていたんですが
経験者の立場から申し上げますが

嫌な時、つらい時、苦しい時、悲しい時に『酒』に依存する習慣は絶対今から断ち切ってください。
依存症まで行かなくとも、こういった状況で酒を飲み続けることが慣例化されると、やがて年齢を重ねれば重ねるほど止められなくなります。
その先に待っているのは100%健康への影響です。

私自身、保育園から高校生まで15年間病気ひとつせず「皆勤賞」で過ごして唯一「健康」だけが取り柄だったのに、思い通りにならない生活の中で酒を飲み続けてきた結果、今や三度三度の食事の前にインスリンの注射を打ち、糖尿病からくる眼底出血により目をレーザーで焼かれ、焼かれた目がむくんで視力が低下するのを防止するために直接眼球に注射され、それでも視力が回復しないため、昨年から国内に導入された、一回保険込でも自己負担6万円の新薬を注射で眼球に直接投与され続けています。

26日にも再び大学病院で施術させるのですが、されるのは一瞬ですし、何回も経験して慣れてきたとはいえ、直接眼球に注射をされるという不安感や恐怖心は筆舌し難いものです。



どうせお酒飲むなら、身体にいい「楽しい」お酒を飲みましょうよ。
1300年前に李白も「月下獨酌 其四」で・・

窮愁千萬端 美酒三百杯
愁多酒雖少 酒傾愁不來
所以知酒聖 酒酣心自開
辭粟臥首陽 屡空飢顏回
當代不樂飲 虚名安用哉
蟹螯即金液 糟丘是蓬莱
且須飲美酒 乘月醉高臺

・・・と言ってますから。
Posted by おおさわ at 2014年09月24日 08:34
おおさわさん、博学ですね…。
李白の名前聞くなんて大学以来です。

経験に基づくお言葉、痛切に感じるところがあります。
家族のためにも、
いつの日か迎えるであろう二代目カヌー犬のためにも、
お酒はほどほどに控えることにします。

最近ようやく読書や英語の勉強など、
前向きな時間の使い方ができるようになってきました。
今の流れでいけば、たぶん大丈夫です。

明日の手術、お大事にされてください。

Posted by ラナ父  at 2014年09月25日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。