2014年07月28日

【後日譚】四十九日〜過去と向き合う〜

 今日で四十九日(忌明け)を迎えました。
 ラナは天国に渡り、私の気持ちもすっきりしたかといえば全然そんなことはなく、漆黒の闇のような胸の穴が埋まるには、まだまだ時間が必要みたいです。

 一つ感じるのが、「まだ哀しみ足りないのではないか」という点。
 看取った直後は、慟哭という表現がふさわしい泣きっぷりでした。夜が明けても、人目も気にせず涙していました。

 分岐点は、荼毘に付した後。
 気が付けば無気力になってしまい、過去に向き合あおうという意欲が失われていました。この状態は、60日の闘病生活にかなりの時間・労力・コスト・情熱を注いだ結果、燃え尽きて灰になったためなのか、無意識下でこれ以上の哀しみは受け止めきれないという自己防衛本能が働いたためなのか、分かりません。
 以降、涙を流すことはなくなりましたが、今思えば、胸の奥深くに哀しみの核がまだ残っていて、理性の箱に押し込めて蓋をしただけだったような気がします。箱の中で渦巻く哀しみの感情は、寝入った際に蓋から漏れ出て、夢を見てうなされるという形で現れていたように思います。

 いつまでも逃避してばかりの自分に嫌気がさしつつも、どうしようもなかった時、ふと現在の自分の状況を客観視してみたいと思うようになりました。今までやりたいことなどひとつもなかったんですから、これはひとつのターニングポイントだったように思います。

 久しぶりにネットサーフィンして、ペットロスと呼ばれる言葉の意味や悲嘆のプロセスについて知りましたが、さらに書籍からも知識を取り入れたいと、いくつか本を買って読み始めました。
 何冊か読んでいるうちに、ふと腑に落ちるものがありました。死別の哀しみを乗り越えるには、犬の存在を自分の中でどう位置付け、どのように関わり合い、その死をどう捉えたかを理解するのがヒントになるようです。

 結局それは、ずっと逃げてきた過去と向き合うことでした。
 ラナと共に過ごした時間を振り返ってみて、幸せだったことや後悔していることなど当時の思いを改めて認識すれば、おのずと残っていた哀しみを受け止めることになるんじゃないでしょうか。

 ラナとの11年半の思い出…といっても、漠然として、なんだか記憶が霞がかったようで今ひとつ鮮明に思い出せない。闘病の頃はすごくリアルに思い出せるんですが、それ以前の日々についてはなんだか遥か昔の出来事のような感覚がします。共に川下りした記録は膨大にありますので、この記録を繙きながら記憶を呼び起こしてみようかと思いました。

 川下りの記録は約10年半分あります。まずはおおざっぱな流れを捉えるために、年表を作ろうかなと考えています。またどの川を何日間下ったかという統計データも作ってみようと思いましたが、これはピボットテーブルでわりとすぐ集計できました。
 
 ラナ出撃日数合計 597日 →大会やケガなどで一緒に下ってない日も多い。
 ラナ年間平均日数 49.8日
 ラナ 漕破 総数 143本

 ※ダウンリバーした日のみを抽出。川遊びのみは除く。

lana_dr.png


ニックネーム ラナ父 at 23:39| Comment(2) | 悲哀の仕事編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラナちゃんは、まだ北海道は行かれていないのですね。
ラナちゃん、姿こそ見えなくても、これからもずっとお父さんのそばに寄りそって、一緒に旅を続けて行くのだと思いますよ。
どうぞこれからもお子さんやラナちゃん達に此れまでと同じように、たくさんの川旅での素敵な思い出をわかち合えられますように。

どうぞ、一生に一度しかない今年の夏に、皆さんで素敵な歴史を刻んでください。
Posted by おおさわ at 2014年08月02日 23:20
おおさわさん
おはようございます。
いつもありがとうございます。

ラナの北端は山形ですね。
北海道は今年の夏に行く予定だったんですが、惜しくも機会を逃してしまいました。でも、いつの日か行って漕いでみたいです。

今年の夏休みは、原点回帰で四国巡りをしようと思っています(もちろん家族もともに)。ただ、今回の台風12号さんすさまじすぎますね。四国のみなさん、無事であることをただ祈ってます…。

Posted by ラナ父 at 2014年08月05日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。