2014年08月22日

【後日譚】ラナという名前の由来

 ラナlanaの名前を決めるまで、あれこれ候補を挙げてはちょっと違うかな?の繰り返しでしたが、決め手となったのはその語源に「光」の意味があったことでした。これぞゴールデンレトリーバーのイメージにぴったりかなって。

 ちなみに、宇宙船サジタリウスのラナからもらったん? と何度か聞かれましたが、そもそもあれは風体からしてrana=カエルですね。未来少年コナンのラナから? と聞かれたこともありましたが、ちょっと世代が違うせいか観たことがないのでこれも違います。

 何はともあれ、あれこれ考えた末に決めただけあって満足度の高い名前だったんですが、後になってちょっと気になることが出てきました。

 ラナって言葉、ルナlunaに似ているなと。

 ラナの光のイメージは、ゴールデン→黄金の輝き→太陽の光から来ていましたが、ラナがルナ(=月)の派生形だとすると「月の光」となってしまいます。白いゴルならまだよかったんですが、黄色の強いラナさんからは月のイメージ(白銀、闇、狼、神秘的みたいな雰囲気?)が感じられません。これは困った。

 しかしながらその時にはもう、ラナはラナ以外の名前はあり得ないほどに定着してしまっていました。太陽の輝きが実は月のそれだったからといって今さら何が変わるのだろうかと開き直り、そのうち忘れ去ってしまってました。

 それがいま、ラナの記録を読み返していて、ふと思い出したわけです。そういやあの件どうやったんやろ…? 今さら真実を知ったところでしゃあないけど、やっぱり気になります。ちょっとググってみるとWikipediaや赤ちゃんの命名辞典みたいなサイトにたくさん記載が見つかったので、改めてまとめてみることにしました。

 ■ラナ lana
 ヨーロッパ諸国で見られる女性の名前。

 ・スラブ語由来
 svetlanaの短縮形←ギリシャ語の名photine→photos「光」の意

 ・ギリシア語由来
 heleneヘレネの派生形→sun ray(太陽の)輝く光

 ・古ゲルマン語由来
 貴い ←adal由来→alan→alana(女性形)

 ・ゲール語由来
 little rock ←ailin由来。お、お岩さん? このあたりのニュアンスは分からないです。
 器量のよい(美しい)

 ・ケルト語派アイルランド語由来
 leanbh 子ども

 名前ではないと思うけど、lanaという言葉にはほかにこんな意味もありました。

 ハワイ語…静水のように穏やかに漂う
 ラテン語…羊毛
 メキシコ語…お金(スラング)←羊毛が転化
 クルド語…巣、ライオンの家


 「光」だけではなかったんですねー。日本語の名前と違って、いろんな民族や国で使われているためか、意味に多様性があってとても興味深い内容でした。
 そして、気になっていたルナlunaとの関連は、見当たりませんでした。ヘレネの意味がsun rayと明記されてたんで、当初の思惑どおり、太陽の光という認識で良かったんかな…?


ニックネーム ラナ父 at 05:00| Comment(12) | ラナ後日譚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

【後日譚】ペットロス関連の本 3

 いままさに日本列島を縦断せんとする台風11号。お盆休み期間中に列島を縦断した本格的な台風としては、2003年の台風10号以来だそうです。
 それを聞いてふと、懐かしい思いにかられました。当時は、ラナがウチに来て初めての夏休みでした。大増水の四国入りを若干順延し、岡山で2日ほど滞在しました。これからラナを喪って初めての夏休みを迎えます。11年前と同様に四国に入り、思い出の地を廻ろうかと考えていますが、どうなることでしょう。

 さて、ペットロス関連の本第3弾です。今回は、今までと違って喪失の哀しみではなく、どのように共に生きてきたかがテーマの中心になってますね。振り返ってみるまで自分でも気が付いてませんでした。

■谷口ジロー,2001;「犬を飼う」小学館
・マンガ
・老犬タムが亡くなるまでの8ヶ月間が描かれている。看取るシーンがクライマックス。マンガならではのリアルな描写に胸を打たれました。

 「生きるという事、
  死ぬという事、

  人の死も犬の死も
  同じだった。」

■影山直美,2014;「柴犬ゴンの病気やっつけ日記」ベストセラーズ
・イラストエッセイ
・7ヶ月に及ぶがん(扁平上皮がん)闘病記。闘病にテーマを絞った作品を読むのは初めてかな。セカンドオピニオンを取って放射線治療した後のかかりつけの獣医さんとの気まずい雰囲気(がんと診断できなかった)のシーンがでてきますが、その気持ちすごく分かります。

■斉藤政喜,2005;「シェルパ斉藤の犬と旅に出よう」新潮社
・エッセイ
・シェルパ斉藤さんの本を読むのは実は初めてです。水と陸と活動場所に違いはあれど、わんこを旅の相棒とする基本概念は同じですね。ニホとの別離のシーンは多くを語らないシンプルな描写でしたが、逆に胸に迫るものがありました。

「…ぼくは犬たちと旅に出たくなった。ニホと出かけるはずだった、あの長い散歩の続きをしよう。…」

 私も…。でも、いまは、おひとりさま。しかし、いつかまたわんこと旅がしたいな。そういやかつて雑誌の取材費がわりに「シェルパ斉藤のコーヒー」をいただきましたが、あれはどこにやったんだろうか。

■野田知佑,2010;「カヌー犬・ガク」ポプラ社
・エッセイ
・昔後輩に貸し出したまま返ってこず長らく読んでなかったので、これを機に新品を買い直しました。何度読み返してもやっぱりガクはかっこいい。かつてこれぞ犬と人の理想的な関係と思っていましたが、その思いは変わっていなかったと改めて認識しました。ガクとの思い出話が中心で、死直後の喪失感については多少触れられていますが、その後の心境の変遷については語られていません。すごく読んでみたいけど、その機会は訪れるんだろうか。


 さて、年表作りをようやく本腰入れて始めました。こつこつ書き溜めた川下りレポートを一から読み返してます。たぶんワードファイルにしたら2,000ページ以上はありそう…? 「ちりつも」の力ですね。そんな膨大な資料の中からラナに関連する内容をピックアップしてます。思っていたよりはるかに長期に渡る作業になりそう…。

 2003年から始まって、現在、2007年分を読み込み中。辛くなるかな…と覚悟していましたが、昔のことすぎるからか、自分でも不思議なくらいに安らかな気持ちで向き合えています。テーマが川下りレポートなのでしょうがないとはいえ、ラナ主体の記事が多くないのが残念。もう少し掘り下げて書き残しておけばよかったな。

 この年表作りが終わったら、ラナの生涯について改めてまとめ直してみようと思っています。この作業が一応の完結をみた時、悲哀の仕事も終わるのかな、と感じています。


ニックネーム ラナ父 at 06:24| Comment(4) | 悲哀の仕事編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする